家庭教師と塾講師

子供の教育というのは、国の礎です。
将来我が国がどのようになっていくのかは、今の子どもたちに掛かっていると言っても過言ではありません。
そんな子供たちをどのように教育するのかは、親、教育機関、そして全ての大人が責任をもっていることです。
さて、そんな教育により具体的に関わるためにはどのような方法があるのでしょうか。
教員になろうと思った場合、教員免許を取得する必要があります。
そのためには大学で単位の履修をする必要があるため、なかなか簡単には出来ません。
それでは、免許がなくともできる教育職としてどのようなものがあるでしょうか。
その1つであるのが「家庭教師」「塾講師」です。
これらの職業というのは教育に携わっているものの、特別な免許や資格を必要としているものではありません。

家庭教師や塾講師は、そういった会社に所属して雇ってもらうという形で行うことも出来ます。
また、独立をして自分の塾や家庭教師事務所を作るという方法を採ることも出来ます。
ただ、独立してやっていく場合にはそれに見合った営業力や、自分の評判などが必要となるため、なかなか簡単なことではありません。
そのため、多くの人はまず所属して教師の経験を積み、その経験を活かして独立することになります。

それでは、そもそも家庭教師や塾講師をするにあたって、どのような人物が向いていると言えるのでしょうか。
当サイトでは、「講師向きの人物像」について紹介します。



■外部リンク
中学受験の合格実績が豊富な家庭教師サービスのサイトです =≫ 中学受験